「マンガルー」リリースより6ヶ月が経ちました。

こんにちは。

今年の2月にムーヤンを設立し、2月28日に「マンガルー」をリリースしてから半年が経ちましたので久しぶりにブログを書きます。
(ずっと書こう書こうと思っていてズルズルと半年経ってしまいましたよ・・)

この6ヶ月は、非常に濃い、というか怒涛のような6ヶ月でしたので、メモを残しておきます。

3月
マンガルーをリリースし、プレスリリースを出すと、ありがたいことに様々なメディアに取り上げて頂く。
そのおかげでノンプロモーションでユーザーが増え続け、PVも右肩上がりに増えていってチーム一同Analyticsの数字やを見ながら興奮する。

ユーザー対応に追われつつ、想像していた以上にスマホでの利用とtwitterへの投稿が多いことが多いことに気付き、慌ててスマホ最適化したり、twitter上でのOGP表示を改善をしたり。

さらにダメ元で応募した「B Dash Camp」のピッチアリーナに呼んでいただき、3月16日に福岡へ乗り込む。
慌ててピッチの練習をして、Skypeや動画で色々な方に見ていただきながら、ホテルで資料修正&ピッチの練習を繰り返し、奇跡の決勝進出。

翌日の決勝で大勢のスタートアップ関係者の前でピッチするも、前年ながら優勝できず。

それがまた様々なメディアで記事にして頂き、また直後にTHE BRIDGEさんで登壇させていただいたり、Slush Aisaで英語ピッチをさせていただいたり、HRナビさんや東洋経済オンラインさんにインタビューをしていただいたりと、これまで経験したことのないぐらいイベントやメディアに出させて頂きました。

色々な方からアライアンスやタイアップのお話などもいただき、マンガルーとしてはデビューからとても恵まれたスタートを切らせていただいているなと感じております。

と、ここまで書いて疲れてしまったので、4月以降についてはまた明日以降に書かせていただきます。笑

ではまた!

「マンガルー」リリースします。

 

マンガルー」リリースに向けて10時間を切り、思い立ってブログを開設しました。
マンガルーは「全てのカク(書く、描く)人のために」というコンセプトで作ったサービスです。
なので自分もマンガルーについて書いてお伝えしないと思い、ブログを書くことにしました。
ちなみにチームのメンバーは現在もリリースに向けての準備に追われております。

 

 こんな気持ちで文章を書く感じは過去にもあったな…、と思って記憶を辿ってみると、大学時代にやっていた演劇の本番前日と同じであることに気付きました。

 

演劇は公演の時に配役などを書いたパンフレット(と言っても大体A3二つ折りの紙、通称当パン)をお客様に配ることがよくありますが、それに演出からの挨拶などがよく書かれています。いつも本番直前までバタバタしているので、そういうのを書くのは後回しにしてしまい本番直前ギリギリに書くことになります。その感じに似ていました。
15年ぶりの本番前のような緊張感の中で、若干朦朧としながら文章を書いております。

 

1年間ほど前にこのアイデアが産まれ、色々な方にアドバイスをいただき、ようやくリリースにこぎつけることができるようになりました。

 

「本当にこのサービスがマンガを描く人、ネットで記事を書く人のためになるのか?」と色々と迷い、その度に企画に立ち戻って修正してきました。

 

コマを切って使われることを想定して描かれていないマンガを、Webメディアやブロガーさんが自由に切って使えるようにするということは、クリアしなければならない問題が山ほどあり、それを実現するために様々な方々からご協力をいただきました。本当に感謝しかありません。

 

ようやくスタートラインに立つことができたことがとても嬉しく、そして緊張しております。

 

どれだけかかるかわかりませんが、全ての「書く人、描く人」のためのサービスになるため、全力を尽くしたいと思います。
これからマンガルーを宜しくお願い致します。